記事一覧

本との出会い方

 今日はちょっと時間が空いたので、例によって古本屋さんの100円棚をざっと見ていたら、私にとっての掘り出し物を発見してしまいました(^^)。

 私のジャズのページでは先日紹介した明田川荘之氏を中心にアップしていますが、同じく日本のジャズを盛り上げていて、今もマルチに活動している梅津和時さんのエッセイ本を発見したのでありました。しかも日付入りのサインまで付いていました。続きを読む

ブログの厳しさ

 明日から4月になります。日々は連続して、明日は単に明日という日に過ぎないのですが、今日と明日を境にいろいろなものが変わっていきます。

 動向が気になっているPSEマークのない、しかもビンテージリストに載っていない中古家電はどうなるかということですが、こちら静岡に本部がある生活創庫の支店へ行ってきたら、PSEマークが付いていない製品のところにはことごとく、「4月1日からレンタルとなります」というシールが本当に貼ってありました。消費者からすると、いざという時には中古店が修理代を負担するわけで、これはむしろ新しいものを買うよりもよくなっているわけですが、それはすなわちお店側の負担を増やすことでもあります。こういう負担については政府は全く補償をしないわけですから、いつまでこうした事が続くのか、まだまだ予断を許さない状況が続くでしょうね。

 それから、インターネット以前にパソコンやワープロを使ってさまざまなコミュニケーションを培ってきたニフティのパソコン通信も今日で終わりということです。ニフティにはまだメールアドレスはありますが、今はほとんど使っていません。というか、常時接続のインターネットが当り前になる中、早入り早抜けの文字だけのコミュニケーションというのは廃れていくしかなかったのでしょう。続きを読む

ホットライン

今日はいつも定期的に連絡をくれる友人から電話が掛かってきまして、多少なりとも近況を語り合うことができました。ただ、その時には自宅にいなかったので、いったん自宅の留守番電話に吹き込んでおいてもらったのを聞き、コールバックしたという形になりました。

話の中で、そろそろ携帯電話を持ちたいという話になったので、私はここぞとばかりウィルコムのPHSを勧めておきました。ウィルコムを必要以上に持ち上げるわけではないのですが、私の今の環境の場合(今一番使用頻度が高いのが通話定額オプションを付けたウィルコムの電話機)相手もウィルコムなら日本国内どこにいようとも電波さえ捕まえられる所からならトランシーバー感覚で気軽にお話しができるのですから。

そういうメリットがありつつも、なかなかウィルコムを使っている友人っていないのですよね(;_;)。以前使っていた知り合いもやんごとなき理由で携帯電話に乗り換えてしまったし。個人的には何でも携帯電話一台で済ますよりも、必要に応じて携帯電話とPHSを使い分けるようにすればいいのになと思います。今後、ボーダフォンを買収したソフトバンクがどんな形のサービスを打ち出してくるかはわかりませんが、ヤフーのIP電話から定額くらいのことをしてくれないと、ウィルコムの定額通話には勝てないような気がします。

ともあれ、このまま新たなホットラインが完成すれば、かなりいろんな情報も得やすくなることは確かです(^^)。そうなると、もう少しこちらでも面白い話題をふれることにもなるかも知れません。

新しいパソコンの設定は難しい

今日になってようやく、インターネットを使って注文を出していたノートパソコンがやってきました。ネット上の評判はそれほどかんばしくはなかったDELLの6万円台のパソコンでしたが、今まで使っていたノートと比べれば液晶は明るいだけでなく広いし、起動も早いし、しかもこれ単体でDVDも焼けます。

つくづく安くなったものだと思いますが、これから大変なのが各種設定とさまざまなソフトのインストール作業です。まずはこうして日記を書くために、キーボードの配列を親指シフトに変更するつもりが、なかなかうまくいかないでそれだけで一時間ぐらいかかってしまいました。こんな調子では今週いっぱいぐらいで完全な移行ができるかどうか。

ともあれ、新しいハードウェアというのは楽しいものです。まだ慣れるまでに時間は必要かも知れませんけど。

見付かりました

 本日ちょっと時間が空いたので、郊外型の古本屋さんへ行ったところ、古本屋さんの主のような人がいました(^^;)。かごの中にはたくさんの本が入っていて、とある棚(100円本)の前に陣取って動こうとしません。そして携帯電話をおもむろに取り出してプチプチ打ちながら、どうやら本の実勢価格を調査している模様。これでは本もまともに見られないのでとりあえずそこは飛ばして、ひとまわり見てきたところ、何とその人はほとんど同じ場所から動いていませんでした(^^;)。

 ちなみに私はその隙(?)に、竹中労さんの名著、朝日文庫「増補・美空ひばり」を100円本の中からゲットすることができました。ただ、この本はちくま文庫から完全版が出てしまったので、そうそう高い本ではないのですが、ファンとしてはぜひストックがあれば確保しておきたいもの。先日は久しぶりに別のお店の100円本コーナーで同じ竹中労さんの「たまの本」を見付けました。さすがに竹中労さんに関する、いわゆる高額本には出会ったことはないですが、こういう作業は時間の空いたときにじっくりと探すのがいいようですね。

再スタートの弁

 3月の20日をもって、今まで使っている日記がサービスを終了してしまうということで、こちらのブログへと書く場を変えることにしました。

 それにともなって、テレビ日記やサイトの方の更新情報などもこちらで告知しますので、本ページの更新状況などもこちらでご確認下さい。

 さらに、発言にレスが付けられますので、掲示板機能も兼ねられるのですね。とりあえず試行錯誤しながら進めていきたいと思います。改めまして、今後ともどうぞよろしくお願いします。

ページ移動