記事一覧

ラジオで北朝鮮は救えるか?

 ここのところにわかに騒がしくなってきている北朝鮮の動静ですが、拉致被害者救出を目指して、北朝鮮に向けての短波放送があるというのを知り、昨日ちょっとダイヤルを合わせてみました。短波放送を聞くことができるラジオが必要ですが、こちら静岡からですと方向が全く違うので、ちゃんとした短波ラジオで聞いたのですが、内容をあまり良く聞くことはできませんでした。しかし、電波の状態の悪い中、とぎれとぎれに流れてくるラジオからの声を聞いていますと、まるで何十年前かにタイムスリップしたかのような感じに襲われます。ちなみに、その放送についてのホームページがありますので、興味のある方はどうぞ。続きを読む

地元と利用者との温度差

 今、何かと話題なのが滋賀県栗東に新幹線の新駅を作るか否かということでしょう。地元が新駅誘致による経済効果を求めて作りたいという気はわかりますが、新幹線利用者としてはあくまで通過駅であり、あってもなくても大した影響はないというのが正直なところでしょう。続きを読む

日本でのクーデターの可能性

 はっきり言って、今だにクーデターなのか何なのかわからないのがタイで起きた一連の政変です。軍が憲法を停止し、首相の追い落としをはかるのをクーデターというのならあれはクーデターなのでしょうが、大きな混乱が起こることなく、整然と権力委譲が行なわれているように見えます。東南アジア諸国の中でもタイは比較的治安が安定してしていると言われていますが、それでも軍の介入なくしては政権の移譲ができないのだけは確かなようです。続きを読む

味の違いは分かるのか?

 この国のマスコミは、なぜ吉野家の牛丼が好きなのでしょう。販売中止の時も、今日の一日限定販売再開の時も、テレビのニュースショーの中で大々的に取り上げるのですね。他にも同業他社がいる中、あえてアメリカ産牛肉にこだわることによって注目を受けているという構図はあるのかも知れませんが、同業の「松屋」や「すき家」の広報はどう思っているのか、そんなレポートを期待したいところではあります。今回のテレビなどにおける露出は、広告効果にしたらとんでもないものになるだけに、ついそんなところに関心が行ってしまうのですね(^^;)。続きを読む

マツタケの人工栽培も近い?

 地方のニュースサイトがまとまったサイトというのが存在しまして、全国紙では出ないような重要なニュースを先んじて読むことができます。続きを読む

9月11日を前にして

 イラクはアルカイダと関係がなかったという報告を、何とアメリカの上院がしたそうですね。言うまでもないと思いますが、元々アルカイダをイラクが支援していると難癖を付けて攻撃に踏み切ったわけで、フセイン大統領の独裁があったとしても根拠なく攻撃するというのは許されないことでしょう。しかし、そういった状況を受けて米軍が撤退するとかイラクに対する補償をするとか、そういう事は全く聞かれません。更に言うならば、日本政府だってアメリカのために出したお金の返還を請求したっていいほどの事だと思うのですよ。でもそれができないのは、アメリカが世界を動かしているという認識の下、かなり強気で外交を行なっているということと、日本を含む周辺国がそれに異を唱えることなく、アメリカの横暴を許してしまっているからに他なりません。続きを読む

命の重さについて考える

 ちょっと書くのをサボっている間に世の中はめまぐるしく動いています。それにしても、家を残すというのは大変なプレッシャーであります。現在の皇太子妃である雅子さんもそれはおかしくなるでしょう。天皇家の場合、養子に家を継がすこともできず、側室も置けない(皇室ファミリーのあり方からして、側室を置くこと自体を拒否するような形で戦後は推移してきました)中、かなり無理をして生まれてきたのが今回の男の子なんですね。皇室にとってはこの子の命というのは天皇家の将来を背負っていく、かけがえのないものなのですが、今の時点で将来どうなるかというのが決まってしまって生きていくというのは、全く関係のない私からしてみてもつらいところがあるだろうなと思います。マスコミはお祝いのコメントしか出しませんが、そういった報道姿勢が雅子妃殿下を苦しめた事もちゃんと認識すべきでしょう。続きを読む

ガソリン消費を減らすために

 週末の旅から帰りひと息ついたところで、改めて安く済ませた交通費のことについて考えてみました。国際航空運賃はジェット燃料の値上げにより上がっているようで、車のガソリン代も1リットル170円くらいまで行くのではないかという人もいて、ますます生活が圧迫される中、同じ公共交通機関である電車やバス、タクシーなどはかなり大変な経営を迫られるのではないかと思います。青春18きっぷもこうした燃料費高騰のあおりで改悪あるいは廃止ということもあるかも知れません。誰が儲けているかは知りませんが、著しく多くの人たちの生活を圧迫してまで原油の値段を上げようとしている人たちには何らかの行動が必要かも知れません。続きを読む

先に動いた方が負け

 今日の、小泉首相靖国神社参拝について、先走った勢力が何らかの実力行使をするのではないかと書こうと思ったら、何と、まだ明細はわからないながらも、靖国神社参拝について苦言を呈していた加藤紘一氏の山形にある自宅が火事になったとのこと。もし今回の事件が首相の靖国神社参拝に反対を唱える人たちに対する実力行使だとしたら、一気に靖国参拝賛成派の勢いが削がれる可能性があります。続きを読む

強硬路線その先は

 ロンドンを舞台にした航空機を使ったテロ計画は、とりあえず実行されることはなく、英国・米国への入国に関してはかなり厳しくなったことですぐに大きなテロによる被害というのは出ない方向に推移しています。お盆を利用して海外旅行を計画していた人たちはこれからどうなるのか不安なのかも知れませんが、問題はそれだけに留まらないのは誰の目を見ても明らかでしょう。続きを読む